特集2 暮らしの中のガスバリア容器

プラスチックは、缶やびんと比べるとわずかながら酸素や水蒸気などの気体を透過する性質があります。
プラスチックにガスバリア機能を加えたガスバリア容器は、
食品を劣化させる酸素の透過を低減することが可能です。
その結果、賞味期限を延長させ食品ロスを削減することができます。
東洋製罐では、多くのガスバリア容器を開発しており、私たちの暮らしに密着したものとなっています。

1コンビーフカップに

オキシガード

オキシガードは、鉄系の酸素吸収材を使った容器です。コンビーフや米飯に使用されています。

オキシガード

2わさびやからし容器に

ラミコンチューブ

ラミコンチューブは、酸素バリア性のある樹脂を多層成形でチューブ形状にした容器です。主にわさびやからしなどの香辛料に利用されています。

ラミコンチューブ

3ゼリーや味噌の容器に

ラミコンカップ

ラミコンカップは、酸素バリア性のある樹脂を中間層に使用した積層シートからカップやトレイ状に成形した容器です。小型のものではフルーツゼリーなど、大型のものでは味噌などの容器として使用されています。

ラミコンカップ

4マヨネーズ容器に

マルチブロック

マルチブロックは、酸素吸収材を酸素バリア性能に優れた樹脂で挟んだ多層ボトルです。マヨネーズ容器に利用されています。

マルチブロック

5油容器に

SiBARD(サイバード)

SiBARDは、容器の内面に高いガスバリア性を有する酸化ケイ素(SiOx)膜を形成したペットボトルです。食用油に利用されています。

SiBARD(サイバード)

6切り餅の包装に

OXYDEC(オキシデック)

オキシデックは、酸素吸収性を有する接着剤で複数のフィルムを貼り合わせた透明な多層フィルムです。包装フィルム自体が酸素吸収性能を持つため、脱酸素剤が不要で廃棄物の削減にもなります。切り餅の包装に利用されています。

OXYDEC(オキシデック)

表彰

透明酸素吸収性包材『OXYDEC(オキシデック)』

透明酸素吸収性包材『OXYDEC(オキシデック)』の表彰第40回木下賞(研究開発部門)

東洋製罐グループホールディングス株式会社、東洋製罐株式会社の共同受賞

【木下賞】
公益社団法人日本包装技術協会主催。包装に関する研究・開発や改善・合理化、新規分野の創出において顕著な業績をあげたものが表彰される。

2016日本パッケージングコンテスト テクニカル包装賞

佐藤食品工業株式会社殿、東洋製罐グループホールディングス株式会社と東洋製罐株式会社の共同受賞

VOICE

東洋製罐とバリア容器

執行役員 テクニカル本部副本部長 兼 基盤技術部長 神崎 敬三
執行役員
テクニカル本部
副本部長 兼 基盤技術部長
神崎 敬三

東洋製罐とバリア容器の関係は、ラミコンボトルやオキシガードなどのプラスチック容器の開発から始まります。プラスチック容器は、缶やびんと比較すると酸素を透過するという欠点があります。その対策として、東洋製罐の開発者たちは、酸素バリア性に優れる樹脂や酸素吸収材を用いるなど、様々な形態のバリア容器を開発し、人々の豊かな暮らしに貢献してきました。そして、これからも技術開発を通じて、お客さまや社会の期待に応えていけるように革新的な技術や製品を創出し続けます。

  • Adobe Flash Playerのダウンロード
  • Adobe Readerのダウンロード