従業員とともに

安全で生き生きとした職場づくり

従業員が安心して働けるよう、安全で衛生的な職場づくりを目指し、全社で安全・衛生活動に取り組んでいます。
安全活動では、重大な労働災害につながりかねない作業について、危険に対する感性の向上と作業方法の見直し、設備的な改善を進めることで災害発生リスクの低減に努めました。他工場で発生した災害情報をいち早く共有化し、「災害事例研究」により対策の水平展開と感性の向上を徹底して行い、類似災害の発生防止を図っています。
また、若年層や作業経験年数の浅い従業員による災害発生リスクを低減するため、実際の作業現場での指導・教育において具体的な危険ポイントを示したOJT作業手順書の整備や、これまで発生した若年層による災害事例を教育資料として取り上げ、指導できるようにしています。
衛生活動においては、従業員の健康を企業経営の重要課題のひとつと位置づけ、疾病および負傷の予防に努めており、従業員が自身の健康管理に責任を持った行動が取れるように健康管理体制の整備や教育を推進しています。具体的には、定期健康診断結果に基づく保健指導・健康支援、メンタルヘルス活動としてセルフケア・ラインケア実践に向けた研修、職業性疾病防止のための作業環境測定、健康保険組合による卒煙サポートなど、各事業所で産業看護職が中心となり、産業医・安全衛生委員会・健康保険組合と連携しながら活動を進めています。

  • Adobe Flash Playerのダウンロード
  • Adobe Readerのダウンロード