環境への取り組み[自然共生社会]

生物多様性の取り組み

生物多様性の取り組み

東洋製罐グループ生物多様性方針を2012年に策定しました。
東洋製罐ではこの方針をもとに、生態系への影響の把握や、事業所周辺地域での生物多様性の保全活動を推進しています。

東洋製罐グループ生物多様性方針

地球上には私たちを含めたくさんの生物が存在し、その生きているものの命のつながりや自然の恵みがこの美しい地球を維持しています。
東洋製罐グループは自然界の資源を消費して成り立つ企業であることを認識し、美しいままの地球を子孫に残していくために、資源の持続可能な利用と生物多様性の保全に努めます。

  • ①事業活動を行う地域において、生態系に与える影響を把握し、生物多様性に配慮した活動を推進します。
  • ②調達、開発、製造、販売、サービス活動において、ライフサイクルを考慮し、製品およびサービスが生態系に与える影響の最小化に努めます。
  • ③生物多様性に関する教育、啓発を行い、従業員の意識の向上に努めます。
  • ④行政、NPO、地域住民などのステークホルダーとのコミュニケーションを図り、生物多様性を保全する取り組みに貢献します。

(2013年2月改定)

JBIBまた、一般社団法人企業と生物多様性イニシアティブに参加し、最新情報の入手や、他企業との意見交換、連携した活動等に取り組んでいます。

  • Adobe Flash Playerのダウンロード
  • Adobe Readerのダウンロード