環境への取り組み[自然共生社会]

環境リスクマネジメント

環境リスクへの対応

事業活動を行うにあたって環境リスクは多岐にわたって存在します。東洋製罐事業グループでは、環境事故の未然防止を主眼に、環境リスクの低減に努めるとともに、緊急事態を想定した訓練を定期的に実施し、事故影響の拡大防止を図っています。
2015年度は重大な影響を与える環境事故はゼロでした。軽微な事故件数は前年度より減少していますが、薬剤や塗料等の化学物質の漏えいが大きな割合を占めています。迅速な対応により外部への流出はありませんでしたが、是正対策およびその有効性のレビューを実施し、必要に応じて追加対策を行うなど、再発防止に努めていきます。

事故件数の推移
リスク低減対応

東洋製罐事業グループは、環境事故の未然防止活動として、潜在的な環境事故要因を把握するための、事業所のリスク評価を進めています。2015年度は東洋製罐の事故発生事業所および事業グループ会社4社に対して、環境リスクの観点からの視察およびリスク評価を実施しました。
トラック等の車両からの燃料・油漏れの事故もここ数年は減少傾向にありますが、東洋製罐グループの運送会社間での事故対策状況や未然防止活動の情報を共有し、更なるリスク低減を目指した活動につなげています。
また、2016年度は、緊急対応訓練について、事業所外部への流出防止のために、「最終放流口までに確実に遮断する」という観点からの訓練を重点項目として実施予定です。

法規制の遵守

東洋製罐事業グループは2015年度の法違反はありませんでした。事業所の所在地ごとの条例についても改正情報の収集に努め、遵守事項の見直しを実施しています。また、厳しい自主基準値を設け、その遵守に努めています。

  • Adobe Flash Playerのダウンロード
  • Adobe Readerのダウンロード