自然共生社会

環境リスクへの対応

環境リスクの低減

環境リスクは生産設備や生産管理、保管、輸送など多くの場面に存在しています。 東洋製罐事業グループでは、設備の更新や定期的な測定により、化学物質漏えい等の環境事故防止に取り組んでいます。さらに、緊急事態を想定した訓練を定期的に実施し、事故影響の拡大防止も図っています。
2016年度は環境に重大な影響を与える事故の発生はなく、事故件数も前年度の12件から6件に半減しました。そのうち、5件は油や薬剤など化学物質の漏えいでしたが、迅速な対応により外部への流出は防ぐことができました。
今後も是正処置およびその有効性のレビューを実施し、環境事故の再発防止に努めていきます。

環境事故件数の推移

法規制の遵守

東洋製罐事業グループは2016年度の法令違反はありませんでした。事業所の所在地ごとの条例についても改正情報の収集に努め、遵守事項の見直しを実施しています。また、厳しい自主基準値を設け、その遵守に努めています。

  • Adobe Flash Playerのダウンロード
  • Adobe Readerのダウンロード