資源循環社会

容器の3R

東洋製罐は容器のライフサイクル全体における環境負荷の低減を目指しています。内容物を保護し、使いやすく、安全な容器を消費者の皆さまへお届けすることが第一ですが、容器の機能を保ちつつ、環境負荷を低減する「環境配慮設計」を心がけ、3R(Reduce、Reuse、Recycle)を積極的に推進しています。

容器の軽量化(リデュース)

東洋製罐事業グループは、限りある資源を有効に利用するために、容器包装の軽量化を進めています。
飲料用容器において、スチール缶では、環境配慮型製品のTULCに開発当初よりも薄い鋼板を使うことで、2016年度は2004年度比11.6%の軽量化となりました。アルミ缶も同様に、従来よりも薄いアルミ板を使うことで、6.2%の軽量化となりました。PETボトルは、デザイン形状や成形条件の工夫などにより、樹脂の使用を減らすことで、9.4%の軽量化となりました。

2016年度 主要容器の軽量化(重量)
飲料用容器の重量変化
TOPICS
本州製罐(株)

軽量化事例

より薄い板で缶をつくることは、金属資源の削減につながります。本州製罐は金属缶の軽量化を進めてきました。
例えば、塗料・水石けん・食品など幅広い用途に使用されている18リットル缶(スチール)では、従来より薄い鋼板を使用しつつ、形状を工夫することで、今までと同じ強度を保ちながら15%の軽量化に成功しています。
今後も独自の環境配慮型設計や製造方法の改善で、軽量化を進めていきます。

軽量化事例

リユース

ウォーターサーバー用の大型プラスチックボトル(株)ジャパンボトルドウォーターでは、ウォーターサーバー用の大型プラスチックボトルを製造しています。宅配等でミネラルウォーターを届け、空ボトルを回収・洗浄し、また繰り返し使用します。リユースすることにより資源の節約につながります。
出所 http://jbwater.co.jp/group/water/index.html 

リサイクル

容器包装のリサイクルシステムは、消費者、自治体、事業者といった様々な主体が役割を果たし、連携することで成り立っています。
リサイクルしやすい製品設計を進めつつ、容器包装についての理解を深めていただくための活動やリサイクル啓発ツールの作成・提供等を実施するなど、容器包装に係わるリサイクル団体を通じた取り組みを行っています。

各種容器のリサイクル率

事業者としての責任を果たします

1995年、家庭から出るごみの6割(容積比)を占める容器包装廃棄物を資源として有効利用し、ごみの減量化を図るために、容器包装リサイクル法が制定されました。この法律により消費者、市町村および事業者のリサイクルに関する役割分担が明確になりました。容器にかかわる事業者は、容器包装の排出抑制およびその量に応じた再商品化の義務があります。

容器包装リサイクル法における役割

事業者は容器包装リサイクル法の分別収集対象となる容器包装に対して、リサイクルするための費用と、市町村の分別収集のための資金を拠出し、円滑なリサイクルと分別収集を委託しています。
東洋製罐はPETボトルとプラスチック製容器包装に関して再商品化の義務があり、2016年度は109百万円の再商品化委託費用を支払っています。

  • Adobe Flash Playerのダウンロード
  • Adobe Readerのダウンロード