製品・技術紹介

金属缶製造

ひと口に金属缶といっても、その種類は膨大です。大きくはサイドシーム(缶胴の継ぎ目)のない2ピース缶と、上蓋、胴、底蓋からなる3ピース缶に大別されます。そして製法の違いやスチール、アルミなど素材の違いによって分類され、さらに、大きさや形も様々です。

PETボトル製造

PET樹脂(Polyethylene Terephthalate)をプリフォームという試験管状のものに射出成形して、これを加熱した後ブロー成形したものが、PETボトルです。名前の由来は、その素材からきたものです。

プラスチックボトル製造

食品用、生活・家庭用品用、医療用など幅広い分野で使用されているプラスチックボトルや関連製品を製造販売しています。 主な材料としては、ポリエチレンやポリプロピレンといったポリオレフィン(Polyolefin)やPET(Polyethylene Terephthalate)などがあります。容器としては、単層や多層ボトル、様々な形状や機能を持ったボトルやチューブがあります。

プラスチックカップ・パウチ製造

レトルトパウチでは、普段の食事で利用される加圧加熱殺菌や電子レンジ調理が可能なタイプに加え、医療で使われる流動食用も開発しています。 カップでは、酸素バリア層を含む多層構造からなるタイプのラミコンカップ、酸素を容器自体が吸収する機能を持ったオキシガード容器といった内容物の保存性に優れたものがあります。

PAGE TOP