仕事紹介

研究の仕事

新製品のアイデアとなる部分を見つけるのが研究職の役割です。
化学、機械、物理工学、解析、分析といった分野での基礎研究を綜合研究所で行います。
綜合研究所で種をまき、育てて、あるところまで育てた後、テクニカル本部にその技術を移管し、実用化を目指します。
また東洋製罐グループの研究所として、新製品や技術を提供する役割も果たしています。

開発技術の仕事

製品化を前提とした容器を開発するのが技術職の役割です。
PETボトルや金属缶などの容器開発に加え、容器製造のための機械設計や制御技術開発、容器材料の開発、製品の安全性などを管理する製品・衛生評価といった業務があります。
東洋製罐がこれまでに培ってきたコア技術を駆使して、新製品や新技術の実用化を目指します。

生産技術の仕事

工場における生産ラインに関する業務が生産技術職の役割です。
工場に設置された生産ラインの機械設計や制御技術開発、工場で生産される容器の機能性や衛生性の評価といった自社工場での仕事のほか、お客様先の生産ライン設備における殺菌・充填・密封・包装といった工程に関しても技術提供を行います。

事務の仕事

容器販売にダイレクトに関わり、また社員をバックアップするなど多岐にわたる業務を行うのが事務職の役割です。
飲料業界や食品・生活用品業界といったお客様との直接の窓口として活動する営業、海外関係会社の活動支援などを行う海外事業、包装容器の原材料や塗料を調達する資材、需給計画・生産調整・物流企画を行うサプライチェーンマネジメント(SCM)、経営管理・総務・経理などの管理業務に大別されます。

PAGE TOP