先輩社員インタビュー

テクニカル本部
設備技術部 設備設計グループ 2011年入社

石井 佑直YUMA ISHII

学生時代の学部、研究、専攻 精密機械工学科 金属材料研究室
キャリア
  • 2011年4月
    開発本部(現テクニカル本部) 開発本部室 総務グループ(仮配属)
  • 2011年7月
    開発本部(現テクニカル本部) 設計部 メタル容器機械グループ
  • 2012年4月
    茨木工場 工務課 機械グループ
  • 2014年4月
    テクニカル本部 設備技術部 設備設計グループ
仕事内容 缶蓋の生産設備の設計・開発を担当。蓋の生産設備とは、蓋を成形するプレス工程はもちろん、検査機、搬送、梱包など多岐に及ぶ。現在は搬送設備の新規開発を手がけており、製品にダメージのない、安定した搬送を目指している。他には、新規の蓋の成形工具の設計や、生産性向上を目的とした各種設備の改造設計などにも携わる。生産ラインの立ち上げサポート、工場の担当者が抱えている悩みやトラブルの解決など、工場とも連携をとりながら業務を進めている。

東洋製罐の魅力や強み、やりがいについて

長い歴史で培われた技術力が強みだと思います。また、様々な経験をしてきたベテランの方からたくさんの知識を得られることも強みだと思います。

業務を進めるにあたり大切にしていること

設計した設備の先には必ず作業者がいるので、どのような設計にすれば現場で使いやすく、かつ安全な設備になるかを重要視しています。また設備は一度設計すると何十年と使われることがあるので、耐久性にも注意します。
設計をしていると悩んだり迷ったりすることがとても多いですが、原理・原則に基づいた、根拠のある設計をするように心がけています。

今後の目標や課題について

機械設計の技術や知識がまだまだ乏しいので、勉強して経験を重ね、設備技術者としてのスキルを上げていきたいです。また、今は1つ1つの設備に注目して設計をすることがほとんどだが、いずれはライン全体を見渡して高効率のライン構築することが目標です。


message
就職活動では今までのことを振り返って考えることが多いと思いますが、「今までどの様な事をやってきたか」より「これから何をやるのか、やりたいか」が重要だと思います。
面接などでも、自分がどの様なことにチャレンジしたいのかを、素直に熱意をもってアピールすれば必ず伝わると思います。背伸びせず、ありのままの自分を見つめ直し、将来をじっくり考えて下さい。
一日のスケジュール
8:15 出社
8:40 グループミーティング
9:00 メーカーと打ち合わせ
10:00 設計業務
12:00 昼食。(カフェテリアで同期や若手の先輩と一緒に食べる)
13:00 設計業務
15:00 関係者を集めて業務の進捗チェックを行う
17:00 設計業務
19:00 退社
PAGE TOP