先輩社員インタビュー

テクニカル本部
設備技術部 制御グループ 2010年入社

熊本 正志MASASHI KUMAMOTO

学生時代の学部、研究、専攻 工学研究科 電気電子情報工学専攻
キャリア
  • 2010年4月
    開発本部(現テクニカル本部) 開発本部室 総務グループ (仮配属)
  • 2010年7月
    開発本部(現テクニカル本部) 設計部制御グループ
  • 2012年4月
    埼玉工場 工務課 電気グループ
  • 2013年4月
    テクニカル本部 設備技術部 制御グループ
仕事内容 容器生産に関係する機械制御の業務を担当。実際に工場で容器を作るのはラインオペレーターなので、オペレータがストレスなく作業しやすい環境作りをサポートする。主な業務は電気機器選定、電気図面設計、プログラムによるタッチパネル作成などのほか、稼働立ち上げの過程にも関わる。稼働後のアフターサポートも実施し、設備の改良を重ね、よりよい設備・製品を目指す。検査器開発や生産性向上、エネルギーコスト削減など幅広い領域に業務は及び、出張も多く生産現場と関わりが深い。

東洋製罐の魅力や強み、やりがいについて

私の部署は設計から稼働までの過程を主担当として任されています。自分が手塩にかけて設計したマシンに電源を入れて稼働した瞬間を見た時には、大きな感動とやりがいを味わうことができます。長い間の苦労が報われるこの瞬間が私は大好きです。大げさかもしれませんが、ロケットが発射した瞬間と近いものを感じ、技術系ならではのやりがいがあると思います。責任は大きいですが、この体験が自分の成長につながっています。

業務を進めるにあたり大切にしていること

小さな設計ミスが「お金」と「時間」の損失を生むことがあるので、ミスしないように確認項目を紙に書き出すように気を付けています。書き出した中から、効率良い順序に並べ直し、項目を一つ一つ潰していくように業務を進めています。

今後の目標や課題について

失敗を恐れず業務に向き合い、経験と技術力を積み重ね、必要とされる社員になりたいです。


message
東洋製罐は知名度がないかもしれませんが、知名度だけにとらわれないでください! 迷っている場合は、説明会などで話を聞いてみたり、公開されている数字で比べたりして、他の企業と東洋製罐とを比較することをお勧めします。
私が入社を決めたのは「他社には真似できない技術力を持っている」、「社内で生産設備の設計や開発する体制が整っている」、「業界ナンバー1のリーディングカンパニーである」、「平均勤続年数が長く、社員を大切にしている風土である」、「電気技術者を必要としていて、大学での専攻が生かせる」、「世界レベルの技術を持ち、その技術を世界に展開している」という点です。これらにピンときた人はぜひ一緒に働きましょう。
一日のスケジュール
8:30 出社、メールチェック、1日の業務書き出し
9:00 上司への報告・問い合わせ対応・雑務
10:00 卓上試験・回路設計・プログラム作成
12:00 昼休み、昼食
13:00 卓上試験・回路設計・プログラム作成
17:00 まとめ・資料作成
18:00 退社
PAGE TOP