• Policy環境方針
  • グループ環境経営

環境経営の推進

東洋製罐グループは、2002年に東洋製罐グループの環境方針を制定し、環境経営活動を具体化するため、2004年に東洋製罐グループ環境ビジョンを策定しました。2016年には環境ビジョンを改訂しました。

グループ環境理念

東洋製罐グループは地球環境の保全、さらには地球環境の質的改善が人類共通の最重要課題であることを強く認識し、企業活動のあらゆる面で環境に対するきめ細やかな配慮を行いつつ、人類の生活文化の向上に貢献します。

東洋製罐グループ環境ビジョン

東洋製罐グループは、固有技術の結集と世界の技術の活用により、私たちが提供する製品・サービス・システムのバリューチェーンにおいて、3つの側面から持続可能な社会の実現に貢献します。

環境行動指針

中期目標 Eco Action Plan 2030

東洋製罐グループでは、環境ビジョンの実現に向けて、2050年までの長期環境目標と2022年を目標年とする中期環境目標に基づいた活動を行い、2018年度までは、概ね計画通りの実績が得られています。しかしながら、昨今の地球温暖化対策、資源循環、海洋プラスチック問題等々も踏まえSDGsの目標年である2030年に向けた新たな目標「Eco Action Plan 2030」へ改訂しました。

3つの側面における長期目標と中期目標「Eco Action Plan 2030」

※1)枯渇性資源:自然のプロセスにより、人間などの利用速度以上には補給されない天然資源
※2)化石資源:石油・天然ガス等

TOP