Technology技術情報

 

ペットボトルの作り方

ペットボトルは、一般的には次の2工程で作ります。

  • プリフォーム成形工程
    樹脂を試験管状のプリフォームに成形します。

  • ブロー成形工程
    プリフォームを加熱し、金型の中で空気を吹き込んで膨らませてボトルに成形します。

プリフォームの成形工程

プリフォームの成形方法には、インジェクション(射出)成形法、PCM成形法の2種類の方法があります。
弊社ではインジェクション成形法を採用しています。

インジェクション成形法

樹脂を加熱・溶融させ、あらかじめ閉じられた金型内に高温・高圧で射出・充填し、その後に冷却・固化 させてプリフォームを成形する方法を言います。

  1. 金型を閉じます金型を閉じます
  2. 溶融状態の樹脂を金型へ注入します 一定の冷却期間をおきます溶融状態の樹脂を金型へ注入します
    一定の冷却期間をおきます
  3. 樹脂充填後、しばらく射出力を保持します樹脂充填後、しばらく射出力を保持します
  4. 保持終了後、金型を開きます保持終了後、金型を開きます
  5. 金型を開きプリフォームを取り出します金型を開きプリフォームを取り出します

ブロー成形工程

二軸延伸ブロー成形法

二軸延伸ブロー成形法とは、加熱したプリフォームを金型に挿入後、延伸ロッドと呼ばれる棒で垂直方向に引き伸ばしながら、加圧空気を吹き込んで円周方向に膨らませるボトルの成形法です。

  1. プリフォームをヒーターで加熱後、金型に挿入しますプリフォームをヒーターで加熱後、金型に挿入します
  2. 金型を閉じ、延伸ロッドで縦延伸します金型を閉じ、延伸ロッドで縦延伸します
  3. エアーを吹き込みフローします(横延伸)エアーを吹き込みフローします(横延伸)
  4. 金型を開き、ボトルを取り出します金型を開き、ボトルを取り出します

お問い合わせ
一覧へ戻る